スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井氏の事務所費問題、民主内から説明求める声(読売新聞)

 政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(解散)が、2002年からの約7年間、東京都内の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届け出ていた問題で、荒井聰・国家戦略相(64)は9日、「問題はない」と繰り返した。

 だが、政治資金収支報告書に計上した計約4200万円の事務所経費については詳細な説明はなく、「クリーンな政治」を掲げる菅新内閣の閣僚として、民主党議員からも説明責任を果たすよう求める声が上がっている。

 ◆問題の所在

 総務省によると、政治団体の「主たる事務所」は、一般的に「当該政治団体の政治活動の中心となる場所」と解釈されるという。荒井氏は9日、「私にたくさんのお金があれば、近くのビルに事務所を設けるが、お金がないため、節約したいと思い、友人に事務所をお願いした」とし、都内の知人宅を「連絡事務所」と説明した。知人も「年1、2回、後援会あてに郵便物が届いた時に荒井氏側に連絡していたが、家賃や報酬はもらっていない」と話している。

 荒井氏側が、「主たる事務所」として活動実態があったと主張するのであれば、政治資金規正法上、家賃分は知人からの「寄付」となるが、同後援会の政治資金収支報告書には該当する記載はない。

 荒井氏側は、計上していた事務所経費について、「議員会館で使った備品のリース料などの雑費。人件費は事務所のスタッフが自宅などでパソコンなどを使って仕事をした経費」と説明した。しかし、荒井氏は2007年3月、北海道知事選に出馬するため、任期途中で衆院議員を辞職し、議員会館の事務所を引き払っている。同後援会はこの間の07~08年も、備品・消耗品費や事務所費として計約440万円、人件費として約900万円を計上していた。

 ◆説明責任

 「きちんと領収書をそろえて説明すべきで、それができないなら辞めるべきだ」

 赤城徳彦農相(当時)の事務所費問題が発覚した07年7月、民主党代表代行だった菅首相は、強い口調で報道陣に語った。08年8月には、太田誠一農相(同)が秘書宅を「主たる事務所」として届け出て批判を浴びた際、「説明できないなら『お辞め下さい』と言わざるを得ない」と、当時党幹事長だった鳩山前首相が注文をつけている。

 荒井氏側はこの間、民主党が厳しく批判した自民党議員の政治団体と同様、実態がないと思われる場所を後援会の「主たる事務所」として届け出て、事務所経費を計上していた。

 「クリーン」を掲げた菅新政権の閣僚として入閣した荒井氏。その説明責任について、民主党新人の衆院議員は、「国民は『政治とカネ』の問題には敏感。対応を誤ると命取りになりかねない。本当に問題がないのであれば、もっとしっかり大臣本人が説明するべきだ」と話した。

         ◇

 川人貞史・東京大教授(政治学)の話「衆院議員でなかった時期も議員会館で経費が発生したとの説明であれば矛盾する。今回は疑問を持たれても仕方のないケースで、荒井氏には丁寧な説明が求められる」

<防衛省>陸将補を減給処分 立ち木無断掘り起こしで(毎日新聞)
USB接続のサブディスプレイに新しい風が! iPhoneみたいな「FingerVU 436」(動画)
自宅で覚せい剤密造=容疑のイラン人2人逮捕―警視庁(時事通信)
家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、処分迅速化―宮崎(時事通信)
自民党 岩国哲人氏が政調会顧問に(毎日新聞)
スポンサーサイト

全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)

 全日本病院協会のシンクタンク「全日病総研」が近く公表する初のリポートの概要が明らかになった。リポートは、医療機関の運営コストである「ホスピタルフィー」に関するもので、東邦大の長谷川友紀教授に調査を委託した。全日病のホームページに掲載される。

 リポートでは、医療費原価と診療報酬や、米国、オーストラリアと日本のホスピタルフィーなどを比較。その結果、▽診療報酬は医療費原価を下回っており、入院より外来で著しい▽米国、オーストラリアに比べ、日本の平均在院日数は長い傾向にある―などと指摘している。


【関連記事】
診療科の収支、10年改定で反映か
2010年度診療報酬改定で中小病院は?
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
有床診の発展には「制度的位置付けを」-日医検討委が報告書

【知の先端】奈良先端科学技術大学院大学教授・高橋淑子さん(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦第2局始まる 右上で新型出現(毎日新聞)
口蹄疫 鹿児島県が種牛を離島に分散避難(毎日新聞)
一青 窈 ニューアルバムは架空の街『花蓮街』が舞台
郵政法案、31日にも衆院通過=野党、不信任連発で対抗(時事通信)

「宇宙大豆」再打ち上げも=紛失被害の企業、9月に(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で保管されていた大豆などの種子が紛失した問題で、企業などから種子を預かった科学教育ベンチャー企業「リバネス」(東京都新宿区)は18日、記者会見し、見つからない場合は9月打ち上げ予定の米スペースシャトルに搭載する方針を明らかにした。費用の負担割合などは、宇宙航空研究開発機構と協議するという。
 ISSには現在、今月15日に打ち上げられたシャトルがドッキング中で、リバネス社の別の種子が搬入されている。米航空宇宙局(NASA)は地上に加えISS内でも紛失した種子の捜索を続けているが、同社はシャトルがISSから離れる24日以降に結論を出すという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で

バカラ賭博の経営者逮捕 警視庁(産経新聞)
新型流行も強毒性想定のBCP策定は1割強(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)
【チャイム】鬼太郎が中部空港に(産経新聞)

大茶会で日本文化を堪能 松山城の庭園(産経新聞)

 松山城(松山市)の二之丸史跡庭園で8日、「二之丸大茶会」が開かれた。琴や尺八などが演奏される中、着物姿の女性らが観光客らに煎茶(せんちゃ)と抹茶を振る舞った。9日も行われ、2日間で約2000人の来場が見込まれる。

 今年で11回目を迎えた松山市文化協会主催の恒例行事。園内には5カ所の会場が設けられ、松山市内の10流派が参加した。

 バングラデシュから観光で松山市を訪れたテゥスティー・タスニン・アラムさん(22)は初めて茶会を体験し、「お茶がとてもおいしく、雰囲気もいい」と日本の伝統文化を堪能していた。

 庭園では10日午後6時から伝統芸能を鑑賞する「二之丸薪能」も開かれ、能や狂言、舞囃子などが演じられる。

【関連記事】
「訪日客増加の原動力に」 国交相がハウステンボス視察
「日本から文化財を取り戻せ」日韓の新たな火種に
関空みやげ、思わぬ人気商品とは… 群がる中国人旅行客
遷都1300年 国づくりの苦労学びたい
安い!うまい!手軽! 実は最強の食材な缶詰
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)
森下優一君表彰 「お母さんの似顔絵全国コンテスト」(産経新聞)
建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)
ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)
母親、傷害ほう助で書類送検=同居男が男児暴行-三重県警(時事通信)

<福知山線脱線>強制起訴の元社長2人、「重く受け止める」(毎日新聞)

 強制起訴された南谷昌二郎、垣内剛の両元社長は23日夕、大阪市北区のJR西本社で相次いで報道陣の取材に応じた。ともに硬い表情で、慎重に言葉を選びながら語った。井手正敬元社長は取材に応じず、コメントなども出さなかった。

 南谷元社長は「(起訴を)重く受け止めている」とし、認否については、「これからの問題。真摯(しんし)な気持ちで対応していきたい」と語った。

 垣内元社長は「重く受け止めなければならない。事故当時の責任者として改めて深くおわび申し上げる」と頭を下げ、認否については「誠実に対応していく。弁護士と相談の上で私の見解をまとめたい」と述べた。

 またこの日、JR西の佐々木隆之社長もコメントを発表。「引き続き被害に遭われた方々に誠心誠意と受け止めていただけるような対応、安全性の向上、変革の推進に全力で取り組んでいく」とした。【牧野宏美】

愛子さまの通学状況、東宮大夫が公表せず(読売新聞)
UR賃貸事業、高齢者住宅は自治体か国に移行へ―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
長谷川等伯展 来場者が10万人突破 京都国立博物館(毎日新聞)
元キャスター真山勇一氏、みんなの党比例公認(読売新聞)
略称一時は「ますぞえ新党」…代表の知名度頼り(読売新聞)
プロフィール

Author:ミスターこうじやまじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。